三菱冷蔵庫「置けるスマート大容量」Bシリーズ新発売!

0824

本体幅60cmで455Lの大容量、氷点下でも凍らせずに鮮度長持ち、おいしく解凍0824

三菱電機株式会社は、冷蔵庫「置けるスマート大容量」シリーズの新商品として、本体幅60cmのスリムタイプながら、3人から4人家族でもたっぷり使える455Lの大容量を実現し、ドリップ流出を抑制しながらおいしく解凍できる「氷点下ストッカーD(ディー)」を搭載した5ドアの「置けるスマート大容量」BシリーズMR-B46Zを10月9日に発売します。

新製品の特長

  1. 本体幅60cmで大容量455Lを実現する「置けるスマート大容量」
    • 独自のウレタン発泡技術と高性能の真空断熱材を搭載した「薄型断熱構造SMART CUBE(スマートキューブ)」を採用し、扉や外壁の薄型化と省エネ性を両立
    • 10年前の冷蔵庫※1 と比べて、幅60cmのままで54L増量した455Lを実現
    • ※1:2005年度当社従来品MR-S40J(401L)幅600×高さ1,798×奥行699mm
  2. 「氷点下ストッカーD」搭載で、ドリップ流出を抑制しながらおいしく解凍
    • 業界唯一※2、氷点下(約-3℃~0℃)でも凍らせずに※3 鮮度を長持ち※4 させる機能に、細かい温度制御を行いながら解凍する機能を追加した「氷点下ストッカーD」を搭載
    • 従来のチルド室での解凍に比べてドリップ流出を約75%抑制※5 して解凍時の食品のおいしさを維持
    • ※2:国内家庭用冷凍冷蔵庫において。2015年8月19日時点(当社調べ)
    • ※3:食品の種類や保存量、投入時の状態により凍る場合があります
    • ※4:保存期間は食品の種類や投入時の鮮度状態により異なります
    • ※5:MR-B46Zにて氷点下ストッカールームは「氷点下保存・解凍モード」に設定。チルドは2013年度品MR-JX61Xの冷蔵室「中」設定。外気温25℃、牛もも肉150gを冷凍室で14日間保存し、各部屋で解凍後3日間保存時のドリップ量比較。氷点下ストッカーD約0.9g、チルド約3.6g
  3. ドア面材と冷蔵室の棚にガラス素材を使用し、高級感あるデザインを実現
    • ドア面材にガラスを採用し、ガラス素材がもつ光沢感と高級感あるデザインを実現
    • 冷蔵室の全棚にガラスシェルフを採用。LED照明と合わせ、冷蔵室内を鮮やかに演出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
reizouko

reizouko管理人

投稿者プロフィール

冷蔵庫の中身拝見サイト「となりのれいぞうこ」の管理人です。
最近は冷蔵庫の奥に潜んでいる賞味期限切れ食材の調理方法を考えるのが、密かな楽しみです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


エッセイ

  1. reizouko02

    どうか、寿命が尽きるまで使ってあげてください

    先日、主人とふらりと出掛けた家電量販店。 最新の家電に「こんなに進化してるんだね!」などと感心しな…
  2. reizouko03

    冷蔵庫の買い替え、僅かに入らない…

    2年前、冷蔵庫を買い換えた時の思い出です。 それまで使っていた冷蔵庫はもう20年近く経っていました…
  3. reizouko04

    大きな冷蔵庫が欲しい…

    ちょうど2年前の春の事です。 主人と結婚し2人にとって新しい土地で生活を始めることになりました。 …

ピックアップ記事

  1. 0824
    本体幅60cmで455Lの大容量、氷点下でも凍らせずに鮮度長持ち、おいしく解凍 三菱電機株式会社は…
  2. 故障フォーマット
    使用冷蔵庫:三菱電機 MR-B42X-S 購入時期:2014年3月 故障した時期:2015年2月…
  3. 20150804_gr-j610fmj560fm_j610fv_j560fv_j510fv
    冷凍冷蔵庫の新製品として、東芝独自の冷却機能と光触媒で肉・魚・野菜の鮮度とおいしさを保つ新機能を搭載…
ページ上部へ戻る